入札参加資格申請

入札参加資格とは

入札に参加するための資格です。国や地歩言う公共団体が公共事業の質を確保しようとするために入札を行います。

入札参加資格申請

国や地方公共団体等が発注する建設工事や物品発注等の入札に参加しようとする者は、入札参加資格審査を受け、入札参加資格者名簿に登録されていることが必要です。入札参加資格の申請方法は、受付方法や受付時期など、発注機関ごとに異なります。国・官公庁・地方自治体の契約は原則として一般競争入札によるものと会計法予決令で義務つけられています。

入札参加資格申請の流れ

競争入札参加資格を申請するには、郵送申請、インターネット申請、窓口へ持参しての申請があります。

電子申請の場合は下記の流れになります。

  1. 電子証明書を取得します ※PC設定など必要機器の事前準備が必要です
  2. 発注機関による資格審査を受けるために申請します
  3. 入札参加資格が承認されたら、入札参加資格者名簿に登録されます

 

入札参加資格には有効期間があります。有効期間満了までに書類を揃えて申請しなければ失効してしまいます。

提出書類や要件、申請時期や期間など発注機関によって異なりますので、計画的に準備を行うことが望ましいです。